2013/09/15

AV女優と慰安婦の自分語り

初期の慰安婦は
対日協力者視されぬよう嘘をついていた気配もある

慰安婦の証言に偽りがあるのにも色々理由があり、一概に彼女たちを非難する事はできない(一部の活動家化したハルモニはともかく)。例えば、上野千鶴子は元慰安婦たちには「モデル被害者」にならなければならないという社会的圧力があったと分析している(要確認)。この辺の事情は、「傾城と卵に四角はない」と言われた吉原の遊女やAV女優もある程度似ていたのではなかったか。

「強制されているものがあるとすれば、それは自分語りのほうなのである」「性の商品化を問いただす既存の社会学にも、とんちんかんなところがあった」

現代の問題から慰安婦論争を解剖することも可能だろう。

AV女優の壮絶な経験談を「鵜呑みにしてはいけない」との指摘

【書評】『「AV女優」の社会学 なぜ彼女たちは饒舌に自らを語るのか』鈴木涼美/青土社/ 1995円

【評者】井上章一(国際日本文化研究センター教授)】

どうして自分はAV女優になったのか。そんな自分語りを、女優たちはしばしばくりひろげる。雑誌のインタビューのみならず、AVの画面でも。

それぞれ、なかなか聞きごたえもある。おもしろい語りになっている。だが、その表面的なあざやかさやわかりやすさをうのみにしては、いけない。彼女たちは、日常的に自分語りを要請されている。

仕事をもらうためには、業界内でのさまざまな面接をへなければならない。彼女らの語りは、たびかさなる面接をへて、みがきあげられていく。「お兄ちゃん」に犯された過去などは、いともたやすくつくられてしまうのだ。

こうした語りは、また彼女たち自身を納得させる効用も、もっている。ほんとうのところは、どうしてこの道にはいったのかがわからない。少女が自分の性を軽やかに商品化する。都会ではよく見かけるそんな場から、一歩ふみこんだだけだったのかもしれない。しかし、自分語りをつづけていくうちに、彼女らはもっともらしい説明へたどりつく。視聴者の欲望する女優像のみならず、今の自分が合理化できる語りを見つけだす。

女優のインタビュー集などは、気をつけて読まねばならないなと思う。性の商品化を問いただす既存の社会学にも、とんちんかんなところがあったなと、感じいる。彼女は自由意志でその道をえらんだのか、それとも強制されたのか。そればかりを問題にしていても、AVという世界は読みとけない。強制されているものがあるとすれば、それは自分語りのほうなのである。語りこそが売春の対象とされている状況に、今までの社会学は無力であったというしかない。

それにしても、どうして日本のAV画像は、しばしば女優の語りをはさみこむのだろう。彼女たちの身辺雑事にまつわるトークが、なぜ商品たりうるのか。私はそこに、日本近代文学の、私小説的な伝統を感じなくもない。諸外国のAVは、こういう女優の語りをどうあつかってきたのか。誰か対比的にしらべてくれないかな。

※週刊ポスト2013年9月20・27日号

11 件のコメント:

  1. AV女優や慰安婦に限らず、女は基本的に軽薄な自己虫で大ウソツキだろ。深く考えるまでもなく、ある程度齢を重ねて生きてりゃ、それぐらいのことは生活実感として身に沁みている。

    芸能界で云えば、遠くは石原真理子の「ふぞろいの秘密」の出版で玉置浩二や中井喜一が貶められ、近くは高島政伸が美元のせいでひどい目にあった。何が暴力亭主だ。おまえがテコンドーで高島を殴るから、高島が抵抗して、それで暴力亭主かよ~。

    「めんどり鳴いて国滅ぶ」ということわざは、いわれのないことではない。女は情実で行動し、やたら口からデマカセが多いからだ。

    むしろ、女とは、そういう生き物だと達観しないといけない。

    返信削除
  2. AV業界も芸能界も経営者側に在日半島出身者が多く、最近の時代劇の主役級の俳優は在日だらけです。高島夫妻は在日同士だと思いましたが。

    返信削除
    返信
    1. 年齢証明の為に外国人登録証明書を持ってくる女性も少なくないとか。

      削除
  3. 亡くなった飯島愛さんの著作、プラトニックセックスもそうですね。
    風俗遊びは若い頃したことがあって、デリ嬢って自分語りが大好きですよ

    韓国の元慰安婦らの話自体はたしかにいい加減なものも多く
    それが自分語りの範疇であれば問題はないです。
    ところが、これが周りの人間と一緒になって反日活動に利用している
    ということが日本人にとっては迷惑で問題なのです。
    国連やら、ドイツやらでうそをばらまいて意図的に日本人を悪く言うので
    おかしいと日本国民の反感を買っていますね。
    ええ、ハザマさんがいわれるところの
    一部の活動家化したハルモニはともかくですね。
    動画でハルモニらの様子の動画を見たことがありますが、
    普段は普通の人ですし愛嬌のあるおばあさんもいますね。

    日本の理解を得たいのなら、あいまいな自分語りで日本人を
    土下座させようというその元慰安婦らの了見はいけません。

    日本人のメンタリティーはうそを根拠に相手を土下座させようとう魂胆を
    人間として汚い根性であってはならないものだと感じます。
    当たり前ですよね?
    西欧でもユーアーライアーって言葉があります。

    日本人と、日本という国家を悪く言っているのですからね。
    こういう活動家化した元慰安婦らの自分語りが海外でまかり通っているのは
    困った状況です。

    返信削除
    返信
    1. >普段は普通の人ですし愛嬌のあるおばあさんもいますね。

      兵隊さんの中には彼女たちに同情的な人も少なくないですね。慰安婦の中にも兵隊たちとの交流を懐かしく語る人もいますし。一部のハルモニが慰安婦のイメージを悪くしている部分もあるような気がします。

      削除
  4. シリカ太郎様さま:

    私が元慰安婦どもを許せないのもそこですね。こいつらは生きていることで日本を苦しめている。もっと広い視野で言えば日韓の若者・後代の者たちの今と未来を損ねている。老害の最たるものでしょう。さっさと死ねばいいのに。こいつらは冥府魔道に落ちた鬼婆ですわな。

     アジア女性基金創設以降に騒いでいる婆あどもには、一切情けは無用と悟りました。

    返信削除
  5. 河野洋平氏を提訴へ 「国民運動」談話撤回求める署名も3万超
    2013.9.16 12:00
    http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130916/plc13091612030003-n1.htm
    行政訴訟のような感じなのですかね・・談話にすぎないものなので
    これは裁判所でどう扱われるか・・ 裁判官に左巻きも多いそうで
    ただ、河野談話で日本は決着させたつもりがまんまと蒸し返しの根拠になって
    しまったもので、確かに河野談話は問題があると考えます。

    返信削除
    返信
    1. これで裁判に負けたら、「司法も認めた河野談話の正当性」などというキャンペーンに利用されてしまうのでしょうか?

      削除
  6.  たぶん、勝訴そのものが目的ではないでしょう。
     河野談話は当時は公務員であった河野洋平の行政行為であることは間違いはないので、国家賠償請求に持ち込んで河野談話の根拠となった色々な資料を証拠として出させる、それが真の目的ではないかと。録音テープとか関係者の上申書とかです。新しい情報でも見つかればマスコミが飛びつく。それで世間の注目も維持できる。もちろん、国会で問題にしてくれれば、それに越したことはないのですが、とにかく、河野洋平に何かをしゃべらせる、それに対して反対陳述をする、それが目的だと思いますよ。

    返信削除
    返信
    1. 河野氏には説明責任があると思います。

      削除
  7.  河野自身が国会なり裁判所に出てくれば、それに越したことはないのですが、今回は当時の外務官僚がどれだけ協力してくれるか、それもポイントですね。「強制性について何の根拠もないのに、どうしてあんな談話を出したのか不可解でした」という陳述でもしてくれたら大助かりです。そこが河野への攻め口になる。
     訴状を見ないと、どういう攻め方をするのか分かりませんけど、当時の河野洋平には絶大な権限があったわけで、法律違反には問えないでしょうから、善良なる管理者の注意義務に違反した「過誤」を問うことになるのではないか。
     普通、民間人が行政を訴えても、ほとんど勝てません。自己に不利な証拠は出さないし、ヤメ検の弁護士を揃えてくる。医療過誤でさえ権威主義者の裁判官は下々のことなどどうでもいいと思っているから民間医療機関の肩を持つ。
     でも、裁判官が政権の顔色を伺うのも事実ですから、裁判が一年ぐらい続けば色々な陳述書や証拠が出てくると思います。当然、我々が河野に説明しろとネットで書くのと、裁判所が原告の訴状に対して答弁しろと被告人・河野に直接迫るのとでは本人に対する重みも違う。答弁しなければ自動的に裁判に負けですからね。

    返信削除