2013/09/22

性のジハードと慰安婦 (シリア)

ロシア・トゥディより

この話は、コメント欄でシリカ太郎さんにも指摘して頂いた。シリアの内戦に「慰安婦」が登場したというニュース。「性のジハード」として大分前から海外では話題になっていた。もちろん欧米では「慰安婦」などという言葉は使っていない。あまり幅広く慰安婦という言葉を適用することには抵抗があり、このニュースは取り上げなかったのだが、韓国メディアも慰安婦(위안부)という言葉を使ってこのニュースを報じていたので改めて注目してみた。韓国メディアも本音では慰安婦問題とは戦地での買春問題だと認識しているようである。

大儀のない戦争だから日本軍は慰安婦を必要としたのだとか(吉見義明)、聖戦といいながら日本兵はセックスをしていたなどと難癖をつける人もいるが、戦場の性の問題は彼らが考えているより深刻なのかもしれない。ただし、戦場の性は、たとえそれが「ジハード」の名において語られたとしても、アラブですら現代ではいい印象を持たれていない(少なくともポリティカル・コレクトネスには反している)という点には留意すべきだろう。性の聖戦(Jihad Al Nikah)を容認しているのは、スンニー派の中でも保守的な人々だけらしい。

シリアに「聖戦慰安婦」=チュニジア女性、反体制派に従軍

【チュニスAFP=時事】チュニジアのジェドウ内相は19日、シリア内戦でアサド政権軍と戦っている反体制派イスラム武装勢力メンバーを支えるため、多数のチュニジア人女性が「慰安婦」として従軍していることを明らかにした。制憲議会メンバーに語った。

イスラム戦士の慰安婦として戦場に赴くことは「性のジハード(聖戦)」と呼ばれ、同内相は「彼女らは20人、30人、100人の武装勢力メンバーと性交渉を行い、妊娠して帰国する」と語った。これら女性の数は不明だが、メディア報道によると、数百人がシリア内戦に身を投じたという。

女性が配偶者以外の不特定多数の男性と性的関係を持つことについて、イスラム過激派サラフィストは「性の聖戦」の場合は正当な行為だと認めている。

時事 2013.9.20

「チュニジア女性、慰安婦(위안부)としてシリア内戦に参加」

多数のチュニジア人女性が反乱軍の慰安婦としてシリア内戦に参加していると中東の日刊紙ガルフニュースが21日報じた。

Lotfi Ben Jeddouチュニジア内相は最近議会でこのように明らかにし、アラビア語で「性の聖戦」を意味する「Jihad Al Nikah」の名でシリアの戦場において反乱軍と性的関係をもった後、妊娠して帰国する女性が増加している」と話した。
Ben Jeddou大臣は「チュニジアの慰安婦女性が一人当たり20人から30人、多くて100人の反乱軍兵士を相手にする」とし、「しかし私たちはこれを黙認したまま手をこまねいている」と自省した。


チュニジアの前宗教指導者Sheikh Othman Battikhは、4月にシリア人少女13人がだまされてシリアへ旅に出た後、パシャル アルアサド政権に抵抗する反乱軍の慰安婦になったと話した。

その数日後、地位を追われたSheikh Othman Battikhは、いわゆる「性のジハード」と規定した後「売春」と異なるところがないと非難したとアラブ圏の衛星放送アララビヤが伝えた。

Mostafa Bin Omarチュニジア警察庁長官も去る8月がアルカイダ武装勢力が掌握したチュニジア西部で「性のジハード」のための組織を摘発したと明らかにしたことがある

Mostafa Bin Omar長官はアルカイダと関連した「Ansar Shariah」が未成年の少女に顔を隠した服を着せシリアの反乱軍戦士とのセックスを強要したと説明した。

この他にも相当数のチュニジアの若者がシリアに渡り、反乱軍として活躍していると分かった。

チュニジア内務省は3月から約6千人に達する自国民のシリア旅行を禁止した。また、チュニジアの青年たちをシリアに送り、反乱軍に加担させる組織を結成した疑惑で86人を逮捕した。


翻訳に当たって参考にした:

"튀니지 여성 위안부로 시리아 내전 가담"

(두바이=연합뉴스) 유현민 특파원 = 다수의 튀니지 여성들이 반군의 위안부로 시리아 내전에 가담하고 있다고 중동 현지 일간지 걸프뉴스가 21일 보도했다.

로트피 빈제두 튀니지 내무장관은 최근 의회에서 이같이 밝히고 아랍어로 '성적 성전'(性的 聖戰)을 뜻하는 "'지하드 알니카'의 이름으로 시리아 전장에서 반군과 성관계를 맺은 뒤 임신한 채 귀국하는 여성이 늘고 있다"고 말했다.

빈제두 장관은 "튀니지 위안부 여성이 인당 20명에서 30명, 많게는 100명의 반군을 상대한다"면서 "그러나 우리는 이를 묵인한 채 두 손을 놓고 보고만 있다"고 자성했다.


튀니지의 전 종교지도자 셰이크 오트만 바티크는 지난 4월 시리아 소녀 13명이 속아서 시리아로 여행을 간 뒤 바샤르 알아사드 정권에 저항하는 반군의 위안부가 됐다고 주장한 바 있다.

그 후 며칠 만에 자리에서 쫓겨난 셰이크 오트만은 이를 소위 '성적 성전'이라고 규정한 뒤 '매춘'과 다를 바 없다고 비난했다고 아랍권 위성채널 알아라비야가 전했다.

무스타파 빈오마르 튀니지 경찰청장도 지난 8월 이 알카에다 무장세력이 장악한 튀니지 서부에서 '성적 성전'을 위한 조직을 적발했다고 밝힌 바 있다

빈오마르 청장은 알카에다와 연계된 '안사르 샤리아'가 미성년 소녀들에게 얼굴까지 가린 옷을 입힌 채 시리아 반군 전사들과의 성관계를 강요했다고 설명했다.

이 밖에도 상당수의 튀니지 청년들이 시리아로 건너가 반군으로 활약하고 있는 것으로 알려졌다.

튀니지 내무부는 지난 3월부터 약 6천명에 달하는 자국민의 시리아 여행을 금지했다. 또 튀니지의 청년들을 시리아로 보내 반군에 가담시키는 조직을 결성한 혐의로 86명을 체포했다.

16 件のコメント:

  1. 聨合ニュースもまさか扱っていましたか・・
    時事通信と、対照的な伝え方で興味深いですね。
    どうもありがとうございます

    返信削除
    返信
    1. いえいえ。こちらこそありがとうございました。

      削除
  2. 【桜内文城・高池勝彦】驚き!吉見教授の慰安婦訴訟、10月7日の第一回口頭弁論には傍聴を![桜H25/9/24]
    http://youtu.be/kA-4CXON8iw

    裁判どうのってニュースで聞いていたけど、なるほどこういうことでしたかと
    吉田清治と吉見さんを混同しているとネット上にありましたが、
    やっぱり違うようです。

    返信削除
    返信
    1. 私も混同したものと思っていましたが、桜内氏の話を聞くとそういう積もりで言ったものではないようですね。もっとも、その場での会話で仕方のない部分もありますが、日本政府は強制性の証拠はないと言っているという桜内氏の発言は、少し迂闊でしたね。

      削除
  3.  べつに戦場でなくても、若い男が多数集まるところには必ず性を売る女がいますよ。機械化されていない頃のダム現場とかね。時代劇に、ムシロを担いで渡り歩く夜鷹ってのがあるでしょ。あんなのも出る。一昔前の東南アジアのダム現場なんか、昼でも夜でもそこらじゅう青姦だらけでしたよ。ひでえ光景だけど誰も止められない。
     イランで日本企業が大規模な石油精製所を作ったときも、ものすごい数の男が集まった。そこで、英国のキャバレー王が、陸地で酒と女がダメでも洋上ならいいだろうと、客船を改造して港に接岸させ、そこに世界中のキャバクラ嬢を集めようとした。イランの宗教指導者から特に反対はなくて、「浮かぶ巨大売春宿」はもうちょっとで実現しそうだったのですが、アヤトラ・ホメイニとサダム・フセインがリアル幻魔大戦をおっぱじめたのでダメになった。

    返信削除
    返信
    1. 勉強になりました。石油精製所の話は、ソースとして紹介できるような文献なんかありませんか?

      削除
    2. 30年も前の話しですからなあ。それに、当時は建設会社に勤めていて、会社でたまたま港湾工事のパース(透視図)があって、そこに豪華客船があって、先輩たちがそういう話をしてくれたというだけですから。でも、本気で捜せば出てくる話ですよ。
       当時、日本から職人がたくさん行って、職人のなかにはクリカラモンモンの刺青をしている連中が多いわけです。現地ではご法度の酒も日本人にはかまわないということで、そういう連中が大酒くらって半裸になって焚き火の周りに輪になってインディアンみたいに踊りだしよっった。日本人の感覚だとちょっと気味悪いわけですが、イラン人には「オオ、日本人ビューティフル!」って大ウケだったそうです。

      削除
    3. ありがとうございます。十分ありそうなお話ですね。

      削除
  4. >イスラム戦士の慰安婦として戦場に赴くことは「性のジハード(聖戦)」と呼ばれ

    非常に嫌な言葉だ。
    「信仰」のために男は戦場で命を捧げ、女は操を捧げる。

    結局極限状態の男性集団に対する性的欲求の解消に過ぎないのだが、
    「聖戦」などととお為ごかしに過ぎない。


    元々は宗教における不特定手数相手の性行為は神聖な行為とされていたらしいですけど、時代とともに別の意味合いができ忌むべきものとなってしまったのでしょうか?
    http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=268064


    結局、信仰が行き過ぎると命(性)を捧げるところまで行き着いてしまうのでしょうか。

    「女子挺身隊」も「その身を挺して皇国(兵士)に奉仕する」みたいな誤解されたのも、この辺に原因があるのか。。。

    返信削除
    返信
    1. 古代オリエントの神殿売春の話ですね?今とは価値観が違いますから、なかなか論じるのは難しいですね。アラブの一夫多妻制も元々は戦争未亡人対策だったという話も聞きますし、性のジハードも相当な理由があって生まれた風習なのかもしれません。

      削除
  5. >結局、信仰が行き過ぎると命(性)を捧げるところまで

    これで思い出したのですが、日航よど号の乗っ取り犯が平壌にいるでしょ。連中はみな独身で北に行って、一箇所に集められて暮らし、一般人との積極は原則禁じられているし、もちろん日本に潜入帰国したこともないのに、全員、日本人と結婚し子弟もいる。その女たち、金日成の主体思想の学習会に集まった日本の女からピックアップされた連中だそうで、金日成による強制見合い結婚だったのですね。金日成もその取り巻きも馬賊出身だから、文献にはもちろん残っていないけれども、行く先々で強姦しまくっているだろうし、指導者層としては兵隊の性の問題は絶えず頭痛のタネだったはず。毛沢東の「長征」もひどいはずですよ。兵隊の数が1万人だったな、ものすごいですからね。そういうきったない部分は後世の記録からは消し去ってしまうのが共産党ですからしょうがないけど。
     五島勉の「黒い春」には、「性の防波堤」の担当者が横須賀の遊郭にやってきて、「頼む、皇室の皆様のためだ。米兵の相手をしてくれ」と涙ながらに頼み込む話しが出てきます。いざ米兵が上陸してくると背は高い、カネは持っているしジープに乗せてくれる、街の人たちが珍しそうに見ているので密かな優越感に浸っていた、と。
     もっとも、「性の防波堤」として用意した300人に対して占領軍は主力の第八軍だけで24万人もいるわけですからとても足りない。強姦事件がやたら起きたけれども、あっという間にいパンパンも7千人ぐらい横浜周辺に集まった。むろん、ちゃんと管理していない自然発生のコールガール部隊ですから性病の蔓延がひどく、2万人ぐらいが配備不能になって病院送りとなり、2個師団ぶん壊滅となったそうです。これは児島襄の「日本占領」に出てくる話で、皇軍兵士が銃弾でできなかったことをパンパンガールは見事にやってくれたんだな、と感心したものです。
     軍隊にとって敵地の女は戦利品であることは古今東西、どこでも変わりないと思いますよ。だから、負け戦で女は自刃する。私も慰安婦問題でいろいろ調べているうちに、会津の女たちの自刃の意味がようやく理解できました。 

    返信削除
    返信
    1. 中国軍の性の話もあるにはあるんですよ。いつかご紹介できると思います。

      削除
    2. 中国では伝統的に略奪・強姦は勝った側の既得権というのが普通です。それを制御出来れば、人望が集まるのですが、それが難しい訳ですよ。特に攻め取った相手の後宮の美女なんてのは、完全に論功行賞の対象です。
      中華の歴史では、略奪強姦のほかに、戦況によって兵站が足りないと、人も食ってましたからね。揚州十日記の清軍の虐殺や、張献中の四川600万人屠殺(明末,李自成の乱の分派)が典型です。

      また、キャンプ・フォロアーのような商売は当然存在したと思いますよ。

      削除
    3. パール・バックの大地でも兵隊に娘を売ったりしていたような・・・。

      削除
  6. 正式な婚姻を無視して、勇者の子孫を残すという大義名分なのではないでしょうか。占領地での強姦を避けるという必要性はそれほど無いわけですし、志気高揚を考えると、慰安婦というより子孫を残すための行為のほうが理解しやすい。

    返信削除
    返信
    1. 一度アラブの人に聞いてみたいですね。欧米社会の誤解や偏見に苦しめられているのは、彼らも我々と同じでしょうから。

      削除