2011/01/19

戦争の手段としての強姦【コンゴ】蛮行止まず




戦争で用いられる武器は、銃や戦車だけではない。最近ではサイバー戦争といった言葉もある。プロパガンダだって戦争の手段である。

もうひとつ、強姦も戦争の手段として用いられることもある。ユーゴ紛争でも用いられた。被征服民の女性を強姦することで、民族浄化を行い(セルビア人の子供を産ませる)、同時に男たちの戦意を削ぐというものだと言われている。日本軍の慰安所も、そういった施設(レイプセンター)だという濡れ衣を着せられているが、それはともかく、今もコンゴではこういった事が止まないでいる。

BBCは記事を削除しないので、出だしとリンクだけ。


DR Congo army commander 'led mass rape' in Fizi

One of the victims has identified the military commander in the area of directing the violence

An army commander in eastern Democratic Republic of Congo has been accused of leading the recent mass rape of at least 50 women.

One of the victims, as well as sources quoted in a UN report, all accuse Lt Col Kibibi Mutware of links to New Year's Day rapes in the town of Fizi. (以下略)

19 January 2011 BBC

0 件のコメント:

コメントを投稿