2011/01/31

イ・オクソンの最後の願い



イ・オクソンという人は、当初は兵隊に誘拐されたとは言っていなかった。彼女の証言の変遷については、こちらのサイトに詳しい(名前が紛らわしくて申し訳ないが、当サイトとは無関係)。彼女は最近オランダのラジオ局の取材を受けていたが、その証言はさらに過激になっていた。いずれ紹介できると思う(こればっか)。

とにかく、韓国の新聞は、英字版だとかなりハメを外すキライがある。

国史が選択科目になる云々という話は、先日もちらっと出て来たが、こういった細かい所でもハルモニを政治利用しているのを見ると、ちょっとどうかな、と思う。

84歳のイ・オクソン(李玉仙)は、手の上のハガキの山を読みながら裏返す。ハガキには「ハルモニ、サランヘヨ(お婆ちゃん、愛してる)。Happy New Year」と書かれている。

最後の三つだけ英語で、あとは韓国語だ。短いが心温まるメッセージは、李がアメリカカナダの人々から受け取る沢山のメッセージの一つだ。

「この若い女性は歴史の先生なの。私の話を聞いてから、歴史をもっと理解し教えることが出来るようになったからと、毎年お礼にカードを送ってくれるんです」と特別な物語を持つ李は言う。彼女は、第二次大戦中、朝鮮半島を侵略した日本軍によって性奴隷として動員された「慰安婦」の数少ない生き残りの一人だ。現在、李は京畿道広州市にある元慰安婦の為のグループ・ホームで暮らす。

李がウルサン(蔚山)で日本の軍人たちに誘拐されたのは15の時だった。ちょっと用たしに出た所を捕まった。日本軍によってさらわれた他の少女たちと一緒に李は中国へ送られ、日本軍のバラックで慰安婦として三年間過ごした。李によると、休日になると50人もの兵隊がドアの外に並んだという。

兵士による激しい暴行のため、李の聴力と視力は激しく損なわれた。あまりに酷かったので、彼女は「台無しになって帰ってきた」。

1966年、李は自分の体験談を持って公に出る決意をした。

「私たちは『慰安婦の印を掲げる(かける)』と言ってるの」と李は言う。

李は米国、中国、日本、カナダやフィリピンといった沢山の国々を旅するようになる。慰安婦の真実を伝えるために。

「歴史を語って欲しいと言われて、他に選択肢はなかったの」女性センターの彼女の部屋の中で、外国の学生たちと撮った数えきれない自分の写真に囲まれて李は語る。

今となっては彼女の話ははかない思い出である。なぜなら李は病んでおり、生存する少ない慰安婦の殆ども同様だからだ。

「心臓も肝臓も悪いんです。死ぬ前に(日本から)謝罪を受けなければならないんです」狭心症も患う李は言う。彼女は昨年心臓の手術をし、時間が残されていないと気に病んでいると言う。

2010年の初めの時点で、韓国政府に登録された慰安婦は88人いた。しかし、たった一年でその人数は76人にまで減った。9人が昨年亡くなり、1月13日にさらに二人が亡くなった。

「まだまだ我が国には慰安婦問題について知らない人がたくさんいます。私は『慰安婦のサイン』を掲げて彼らに知らせているのです」。彼女の声は次第に小さくなった。

韓国の高校で国史の授業が選択科目になると聞いて、李は言葉を失った。

「私たち老いたお婆ちゃんは世を去る時なの。若い人たちは歴史を知るべき。私たちの純潔は15歳の時に奪われ、踏みにじられました。だけど(日本人は)、そんな事はしなかったと言ってるの」と李は言った。「私たちの娘たちは、歴史を知らなかったからといって同じ目に遭ってはならないのです」。

JoongAng Ilbo 2011.1.22

Last wish of former ‘comfort woman’

Lee Ok-sun, 84, turns over a pile of cards in her hands as she reads the words of one, which says: “Halmoni, Saranghaeyo [Grandmother, I love you]. Happy New Year.”

With the last three words in English and the rest scrawled in Korean, the short but heartfelt message is one of many Lee has received from people in the United States and Canada.

“This young woman is a history teacher. She sends me cards every year to thank me, saying she understands and teaches history better since she listened to my lecture,” said Lee, who has a special story to tell. She is one of the few remaining “comfort women” of Korea, who were drafted by the Japanese military as sex slaves during the Japanese invasion of the Korean Peninsula in World War II. Lee now lives in a group home for former comfort women in Gwangju, Gyeonggi.

Lee was just 15 when she was kidnapped by Japanese soldiers in Ulsan. She had just come outside to go on an errand when she was taken. Along with other young girls who were snatched by the Japanese military, Lee was sent to China and spent three years as a comfort woman in the Japanese barracks. According to Lee, on holidays as many as 50 soldiers would be lined up outside her door.

Because of the severe beatings from the soldiers, Lee’s hearing and vision were greatly impaired, so much so that she “came back mutilated.”

In 1996, Lee made the decision to go public with her story.

“We call it ‘hanging up the comfort woman sign,’” Lee said.

Lee began traveling through numerous countries — including the U.S., China, Japan, Canada and the Philippines — to tell the truth about the comfort women.

“I had no choice but to speak, when [they] were pleading for me to tell them about the history,” said Lee, surrounded by countless pictures of herself with foreign students in her room at the women’s center.

Now the lectures are fond memories because Lee is ailing, as nearly all of the last few comfort women are.

“My heart is bad. My kidneys are bad, too. I should receive an apology [from Japan] before I die,” said Lee, who also suffers from angina. She had heart surgery last year and says she is worried she is running out of time.

As of early 2010, there were 88 former comfort women registered by the Korean government.

But in just a year, their numbers have dwindled to 76. Nine women passed away last year and three others passed away on Jan. 13.

“There are still so many people in our country who don’t know about the comfort women issue. I put on the ‘comfort woman sign’ to let them know...” she trailed off.

Lee was at a loss for words when she was informed that history would become an elective course for Korean high school students this year.

“It is time for us old grandmothers to die. Young people should know the history and help. Our purity was taken away from us and trampled on at fifteen. But [the Japanese] are saying that they didn’t do it,” said Lee. “Our daughters shouldn’t have to go through the same thing because they don’t know the history.”

0 件のコメント:

コメントを投稿