2011/01/29

民主化と慰安婦問題の顕在化【黒田勝弘】80年代




日韓新考(2002年)より。


近年の韓国における反日の動きは韓国社会の変化によるところが大きい。いわゆる従軍慰安婦問題もそうだ。・・・この時期(1980年代以降)にこの問題が登場した背景にはやはり韓国における民主化がある。

・・・盧泰愚政権移行の民主化時代の韓国は、あらゆる分野で自由化が進んだ。その最大のものが言論の自由だが、「性」にかかわる慰安婦問題も、この流れの中でマスコミに大々的に取り上げられることで公然化した。当時、韓国の二大テレビ局は慰安婦問題を競って長期の大河ドラマに仕立てて放送している。

1990年の国営・KBSテレビ「歴史は流れる」や1991年のMBCテレビ「黎明の瞳」がそれだが、とくに人気を博した後者は韓国人慰安婦のヒロインと徴兵された韓国人日本兵の慰安所でのベッドシーンから始まっている。これは明らかに民主化による「言論の自由」あるいは「表現の自由」の結果だった。・・・

慰安婦問題での支援・糾弾運動は主に女性によって展開されてきた。慰安婦問題の表面化は、韓国における民主化にともなう女権拡張の動きと重なっている。

民主化とは民主的でなかったとする過去に対する否定がともなう。だからこれまで隠されていたことを暴露したり、これまで否定されてきたことを肯定的に見ることが民主化で好ましいという雰囲気になる。慰安婦問題は前者であり、左翼解禁や北朝鮮に対する融和的見方は後者の典型である。


黎明の瞳: このドラマの成功が元慰安婦たちのカムアウトのきっかけを作り、慰安婦問題が全国的な関心を引く契機になったという報道もある。

2 件のコメント:

  1. はじめまして、長野新一と申します。福岡県在住です。
    『ソウル発これが韓国主義』を読みまして気になることが、
    有りましたので、書きます。
    従軍慰安婦問題に関しまして、遥か昔に聞いたことを、伝えたい思います。
    昔、東京の(株)中西儀平衛商店(現:ブルーミング中西)に
    勤めていた頃、大先輩(母と同年齢)から聞いた戦時中の、お話です。
    売春婦(従軍慰安婦?)には3種類のピー(売春婦)がいたそうです。
    朝鮮人ピー、支那人ピー、日本人ピー、です。
    朝鮮人ピーには朝鮮人の女衒、
    支那人ピーには支那人の女衒
    日本人ピーには日本人の女衒がついていて、
    軍隊に必死に売り込んでいたそうです。
    大日本帝国や帝国の軍隊が女性を拉致してきて
    売春宿を作った訳ではなく、そんな事実も有りません。
    日本人ピーは料金が高く、支那人ピーと朝鮮人ピーは、格安だったそうです。

    同じことを行った中国は従軍慰安婦など一言もい一ません。 
    沖縄戦の後、朝鮮人の女衒と中国人の女衒は、今度は
    米軍に激しい売り込みを、行ったようです。
    今も昔も、金になればいいという、民族的な考え方でしょう。

    歴史(古代史)が好きで古代の百済地域や金海加也地域を
    よく旅行をします。田舎に行けば行くほど
    日本人が来たと言って、大騒ぎをして
    歓待してくれ、また、大変親切にしてくれます。まさに
    政治、マスコミの反日。国民の親日(憧れ?)を
    思い知ります。

    返信削除
  2. 初めまして。貴重な情報をありがとうございます。最近のエントリーでも鄭大均の本の一節を取り上げましたが、 (http://ianfukangaeru.blogspot.com/2012/01/blog-post_09.html)日本人と韓国人の自然な交流(友情)を妨げているのは、反日的な韓国のメディアや政治団体と日本の進歩派ではないかという気がしています。そういう人達が影響力を失えば、日本と韓国はもっと近い国になるだろうと信じています。

    返信削除